成人したなら乳がん検診のアレコレを知っておくべし

検査の実態

診察

定期健診を受けるタイミング

乳がん検診は、受ける回数も重要になります。多く受けすぎてしまうとがんを発見できなかったり、受ける回数が少なすぎると、発見が遅れたりしてしまう可能性もあるのです。1年に1回検診を受けるよう徹底すると、乳がんの早期発見につながるでしょう。

女性医師に依頼

女性はデリケートな生き物なので、一つの言葉でも敏感になってしまいます。特に乳がん検診ですと、医師に診せるだけでも抵抗があるという方も多くみられます。そのような場合は、女医がいるクリニックを探しておくと、安心して検診を受けることができるでしょう。

痛みの有無

乳がん検診は乳房を片方ずつ圧迫板で挟むので約10秒間は痛みが生じる可能性があります。そして、その検診は4回ほど撮影されるので、40秒を耐えなければまりません。しかし、乳腺が大きい方は痛みが無い場合もあります。

注意事項

妊娠中や妊娠している恐れのある方は、マンモグラフィーでの撮影をすることができないので、乳がん検診をする前にその旨を伝える義務があります。しかし、既に出産していて授乳中であれば、乳がん検診を受けることが可能になっています。

コツを押さえるべし

男性患者

画期的な方法

がん患者の方の話でもよく聞くように、がん治療は副作用が強いというイメージが根付いていました。現在は、最新の技術を持ってすれば、副作用を発症することなく治療をすることができるようになっているので、注目しておくべきです。

READ MORE
診察

検査の実態

乳がん検診をするタイミングがずれてしまうと、間違った結果になってしまうので注意が必要です。また、年齢や性別にかかわらず、定期的に専門病院で検査を受けるようにすれば、生命を維持することができるでしょう。

READ MORE
病院

最後のとりで

世界中で関心が寄せられている免疫療法を取り入れることによって、命を紡ぐことができるのです。また、多くの治療実績を誇っているので、がんと闘う意思があるのなら、この治療方法を選択すると改善することが可能になるでしょう。

READ MORE
広告募集中